のらねこBooks

世界の歩き方🚶‍♀️

原画も販売されている『リサとガスパールのおもいで展』に行く

 松屋銀座で行われた『リサとガスパールのおもいで展』に行った。

f:id:chappy8:20210301084216j:image

 『リサとガスパール』は、パリ住まいの動物(と言っていいのか)リサとガスパールの日々を描いた絵本である。

リサとガスパールのであい

 パリの日常と旅先の風景が綺麗なのと、絵がかわいい。深みのある油絵だ。

▶︎フォトスポット1。ぬいぐるみたくさん
f:id:chappy8:20210301084225j:image

▶︎フォトスポット2。おしゃれ階段
f:id:chappy8:20210301084220j:image

 松屋銀座の展示は、他の美術館よりじっと観られるのがいい。『リサとガスパール』の絵は、油絵だけど色の重ね方が屈折していない。青に同じ青を重ねるような。油絵に詳しくないので、直感的にしか語れないけど、同じ色を重ねることでさらに色の力が強まっているような気がする。
 原画が売っていて60万円くらいで、結構売れていた。外国のホテルのベッドの上に飾ってありそうな雰囲気の絵だった。

詳細
・ウェブサイト
イベント情報 | 松屋銀座
※本企画は企画展です。常設展ではありません。
・住所